ホーム>岩手県体育協会>沿革

沿革

1 岩手県体育協会の設立

大正から昭和の時代に入り、本県体育運動の活発化に伴って、各種体育施設の整備や民間スポーツ団体の結成も進み、昭和6年初期には50余のクラブを数えるに至った。そして、これらのクラブ等を統合する団体の結成気運が高まり、昭和6年2月10日、スポーツ団体、教育界、男女青年団、中等学校連合体育会等の関係者が県庁において発会式を行い、「岩手県体育協会」が設立された。 初代会長には久保豊四郎・県知事が就任し、事務所を県庁学部内においた。

2 岩手県体育協会の改組

昭和12年に発生した日中事変を境に戦争は拡大され、やがて太平洋戦争へと発展したが、日本の運動競技も次第に戦争色が濃厚となり、外来スポーツは圧迫されスポーツ界の暗い時代が続いた。

昭和17年、日本体育協会が国策に添った「大日本体育会」に改組されたのに伴い、本県においても中央の方針にならってその支部となり、「岩手県体育会」に改組された。また、文部大臣を会長とする「大日本学徒体育振興会」が発足したのに伴い、本県にも支部が結成され、県内中学校、高等女学校が加入して競技会等の行事が行われたが、やがて国防競技や戦技訓練へと発展し戦時一色と化していった。

3 岩手県体育協会の再組織

昭和20年8月15日、太平洋戦争の敗戦により終戦を迎えたが、戦後の混乱した社会からいち早く立ち上がったのはスポーツ界である。本県においても昭和21年4月以来、協会の組織化やスポーツ再建策について関係者の協議が重ねられ、設立準備委員会を経て昭和21年10月、新たな「岩手県体育会」(昭和26年「岩手県体育協会」と改称)が誕生した。会長には小泉多三郎盛岡市長が就任した。

4 岩手県民体育大会の開催

岩手県民体育大会は、国民体育大会にならって、広く県民の間にスポーツを振興し、県民の健康増進と体力の向上を図り、県民生活を明るく豊かにしようとする趣旨で、昭和24年9月に第1回大会が開催された。

これは、これまで各競技ごとに行っていた大会を統合して郡市対抗(現在市・町村対抗)の総合優勝制を採用し、国体予選を兼ねて実施するもので、第1回大会は盛岡市を主会場に17競技が行われた。

5 岩手県スポーツ少年団本部の設置

昭和37年6月23日、オリンピックデーに日本スポーツ少年団本部が発足したことに伴い、本県でも翌年38年3月に体育協会内に県スポーツ少年団本部を設置した。少年団第1号は「普代村堀内スポーツ少年団」。

6 財団法人岩手県体育協会の設立

昭和41年4月、本会事業の急速な拡充と第25回国民体育大会の本県開催が確実視されたことに伴い、その責任体制を一層確立するため組織の法人化が図られ、「財団法人岩手県体育協会」として新発足した。

新会長には、谷村貞治会長が引き続き推挙され、理事長には藤原哲夫理事長が再選された。加盟団体は、競技別35団体、郡市体育協会26団体、学校体育団体2団体の63団体であった。

また、同年6月、岩手国体の内定を目前に控え、選手強化対策事業の拠点施設として本協会トレーニングセンターが建設整備されたことが特筆される。

7 第25回国民体育大会の開催

昭和45年、「誠実・明朗。躍進」のスローガンのもとに、140万県民がたゆまぬ努力を積み重ねて開かれた第25回国民体育大会は、多くの成果と感動を残し、県史に輝かしい1ページを記して大成功のうちに終了した。特に、各競技における本県選手団の活躍はめざましく、男女総合優勝で念願の天皇杯を獲得する偉業を成し遂げた。

8 戦後の主要年表

昭和21年
  • 戦前の組織を改組し岩手県体育会(昭和26年岩手県体育協会と改称)として発足
  • 第1回国民体育大会(京阪神地方)に初参加
昭和23年
  • 第3回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催(盛岡市)
昭和24年
  • 第1回岩手県民体育大会開催(盛岡市他)
昭和28年
  • 第8回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催(盛岡市)
昭和33年
  • 第13回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催(盛岡市)
昭和38年
  • 岩手県体育協会に岩手県スポーツ少年団本部設置
昭和41年
  • 財団法人岩手県体育協会設立
  • 岩手県体育協会トレーニングセンター建設整備
  • 第21回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催(盛岡市・滝沢村)
昭和42年
  • 第25回国民体育大会夏・秋季大会開催正式決定
昭和45年
  • 第25回国民体育大会夏・秋季大会開催(県内25市町村)
昭和48年
  • 第28回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催(盛岡市)
昭和49年
  • 岩手県提唱による第1回東北総合体育大会開催(盛岡市)
昭和54年
  • 第34回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催(盛岡市)
  • 岩手県体育協会に岩手県スポーツ指導者協議会設置
昭和55年
  • 第7回東北総合体育大会開催(盛岡市他)
昭和61年
  • 第13回東北総合体育大会開催(盛岡市他)
昭和63年
  • 第43回国民体育大会冬季大会スキー競技会開催(安代町)
平成2年
  • 第45回国民体育大会スケート・アイスホッケー競技会開催(盛岡市・滝沢村)
平成4年
  • 第19回東北総合体育大会開催(盛岡市他)
平成7年
  • 第33回全国スポーツ少年大会開催(国立岩手山青年の家)
平成10年
  • 第53回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会開催(盛岡市他)
  • 第53回国民体育大会冬季大会スキー競技会開催(安代町)
  • 第25回東北総合体育大会開催(盛岡市他)
平成11年
  • 平成11年度全国高等学校総合体育大会('99岩手総体)開催(県内10市8町2村)
平成12年
  • 会長に増田寛也知事が就任
平成14年
  • 県体協事務局を盛岡市青山町(旧トレーニングセンター)に移転
平成16年
  • 第31回東北総合体育大会開催(盛岡市他)
平成17年
  • 第60回国民体育大会冬季大会スキー競技会開催(安代町)
平成19年
  • 会長に達増拓也知事が就任
平成22年
  • 第37回東北総合体育大会開催(盛岡市他)
平成25年
  • 公益財団法人へ移行
  • 第71回国民体育大会本大会開催正式決定

▲このページのトップへ