ホーム>岩手県スポーツ少年団

岩手県スポーツ少年団

  1. スポーツ少年団とは
  2. 運動適性テスト
  3. 業務財務資料
  4. 表彰

スポーツ少年団は、1962年に公益財団法人日本体育協会が創設した歴史あるスポーツクラブです。「一人でも多くの青少年にスポーツの喜びを!」「スポーツを通じて青少年のからだとこころを育てる組織を地域社会の中に!」と願いつくられました。

岩手県では、1963年3月21日に県体育協会内に岩手県スポーツ少年団本部を設置しました。

◆加入・登録の流れ◆

スポーツ少年団に入るための登録は、それぞれの単位スポーツ少年団ごとに、毎年その代表者が所定の用紙に必要事項を記載して申込みます。提出先は、原則として市区町村スポーツ少年団ですが、その事務局の多くは、市区町村の体育協会・教育委員会の中に置かれていて、市区町村スポーツ少年団に登録することによって、当該都道府県スポーツ少年団を経て、日本スポーツ少年団に登録されることになります。

・登録料について
また、スポーツ少年団は、メンバーシップ制を採用していて、登録の際、団員・指導者とも登録料が必要となります。登録料は、一般的にそれぞれのスポーツ少年団の活動に係る経費(活動経費・スポーツ傷害保険等)と併せて、それぞれのスポーツ少年団の代表者あるいは、会計を担当する方に納めます。

登録料(1人あたり年間)
団員:300円、指導者:700円(日本スポーツ少年団納入分)

◆単位スポーツ少年団の結成◆

単位団の登録には、団員10名以上と指導者2名以上を必須とし、団員は原則として小学生以上、指導者は20歳以上と定めています。なお、指導者は少なくとも2名以上を有資格指導者としなければなりません。(ただし新規登録の単位団の指導者は、年度内に資格を取得すればよいものとします。)。団員募集の方法、主な活動場所、指導者の役割、安全管理、運営経費、保護者や学校との関係等、の点について整理がつきましたら、市町村スポーツ少年団事務局にご相談ください。

・市町村スポーツ少年団への登録
所定の登録用紙(団登録用紙・指導者登録名簿・団員登録名簿)に登録料を添えて6月30日までに所属する市町村スポーツ少年団へ登録してください。
登録用紙は,更新団は3月に日本スポーツ少年団より郵送されます。新規団については市町村スポーツ少年団にお問合せ下さい。
また、市町村によって独自の締切日を設けている場合がありますので確認が必要です。

●市町村スポーツ少年団へ登録すると下記の資料が配付されます。
1.団認定証(新規団)
2.認定リボン
3.指導者・・登録証・登録指導者章
4.団 員・・団員章

・岩手県スポーツ少年団への登録
市町村スポーツ少年団は単位スポーツ少年団の登録を取りまとめ,県スポーツ少年団へ登録料を添えて登録します。
同時に市町村スポーツ少年団の役職員の登録申請を所定の登録用紙で行います。

・日本スポーツ少年団への登録
市町村スポーツ少年団の登録申請を取りまとめ、単位団、指導者のデータと県スポーツ少年団の役職員のデータを入力し9月末日までに日本スポーツ少年団へ申請します。

◆運動適性テスト◆

結果入力用のフォーマットを用意しました。 受験者数に応じてダウンロードし使用してください。

▲このページのトップへ